スタジオbiyuuのエアリアルyoga

【特徴は・・・】
体幹・骨盤に特化しています

 

通常、床yogaでは呼吸はもちろんのこと

 

各々の要素がありつつ『関節を柔らかくしポーズをとる』事が多く、しなやかな体作りをしていきます。

 

 

 

では、エアリアルyogaは?と言うと

 

空中で美しいポージングを目指し、それに向かって一つ一つの動きをとれるように積み重ねていく・・・イメージだと思います。

実際私も東京でポージングのステップアップをしてきました。それはそれで楽しかったです。

しかし、biyuuでは床yogaを始めたときから体幹・骨盤に意識を向けてきました。

自分自身が体に触れる仕事を通し、体のメカニズムを知ったとき、体幹の大事さと骨盤の重要性が生活をも変えるということに気付きました。

意外性があったのは、『柔らかすぎても怪我をしやすい』と言うことを学んだとき、「ほどよい体作りは体幹・骨盤を整えることが大切・・・biyuuのエアyogaが間違っていなかった」と言うことを確信しました。

 

様々な角度から体の機能を学んだ事をキッカケに、体幹を使った美しく優雅に魅せるエアyoga。

一方で

体が動きにくい幅広い世代の方にも健康になって頂けるようなエアyoga。

を考案しレッスンをさせて頂いてます。

 

biyuuではどんなことをしているの?

【レッスン】
体幹・骨盤に特化しています。

 

一例をご紹介します

例えばこんな動き

このポーズ↑普通のエアリアルyogaの場合は『片足でバランスを取って背筋を伸ばして』と言うところでしょうか・・・。

biyuuでのこのポーズには大きな意味があります。『同じポーズでも形があってればできている』とは違い単なる足上げ・片足バランス。だけではないメッセージが込められてます。

その体の使い方と意識が体をどんどん変えていきます。(体験して頂けたら分かると思います)

 

 

 

その他、これも・・・

 

スタジオbiyuuは天井が高いのも特徴の一つで、特にこのバランスポーズは、ファブリックで手まで伸ばせるので、初めは手足がプルプル震えます(笑)

 

この手足の全身バランス感覚が体幹に効くのです!

画像はほんの一例ではありますが、通常のレッスンでは

 

手足のウォーミングアップから始まり→骨盤を弛め・歪み改善→空中で体幹の整え→関節回りの筋力up

 

ファブリックを使って必要な筋肉だけを意識していきます。

 

あじわった事の無い、レッスン感覚です。

一度是非、ご体験下さい!

 

 


筋肉について

【健康な体作り】

体の硬い方はもちろん、柔らかすぎる方にも嬉しいレッスン内容

※体の硬い方

運動不足では:小さな怪我が多くなります。靱帯損傷や筋断裂、関節の痛み、アライメント(骨の配列)の不調和など

エアyoga改善後:体幹が整うので正しく筋肉を使えるようになり、体(関節)の柔軟性がアップします。

 

※関節が柔らかすぎる方

運動していても:関節の可動域が大きすぎて靱帯や腱が弛みやすくストッパーの役目を果たせません。そのため脱臼や関節内損傷などの大きな怪我に繋がります。

エアyoga改善後:体幹が整い、関節周りの筋力アップが期待でき、柔らかすぎて補強できなかった筋肉が関節を守ってくれるようになります。

 


そもそも

関節が痛かったり、関節の歪みがあったりでは正しく身体能力を発揮できません。

エアyogaで基本的な体作りをしてから

日常でも出来るウォーキングや無酸素運動の筋力アップをしたり、目的に合わせてご自身の体と向き合って頂いたらいかがでしょう。

 

上記以外にもbiyuu独自のエアyogaポーズで体幹の要となる、横隔膜筋・骨盤底筋などのインナーマッスルを存分に鍛えていきます。
床yogaのように、『慣れるまで我慢』はしなくても良く、毎回徐々に体が覚えてくれます。

 

慣れてきたら優雅で美しいポージングも出来ます


 

biyuuのエアyogaで意識する筋肉

#体幹の大事な筋肉#

①上には横隔膜筋

空気をたっぷり吸って横隔膜筋を収縮させます

 

 

 

②下には骨盤底筋

お尻に力を入れたときや空気を吐き出したときに鍛える筋肉

 

 

 

③前面側面には腹横筋(画像省略)

④背面には多裂筋(画像省略)

骨盤回りの歪み改善と筋肉強化

ぜーんぶ鍛えます!


最後に

エアyogaは、空中の動きで関節に負担を掛けず筋力アップが期待できます。

様々な痛みのアドバイスもさせて頂きますので何なりとご相談下さいませ。